先週の水曜日に年少・年中児はバスに乗って春日池公園へ遠足に行きました。

 

広い公園の中を歩いていると、どんぐりや、松ぼっくりなどの秋の木の実が沢山おちていました。

子どもたちは、「うわーこんなにいっぱいどんぐりがあるー」

「いっぱい拾ってお母さんのお土産にしよーっと」

などと話しながら、お家から持ってきた袋に沢山の木の実を拾いました。

                           

途中池の中の亀やカモをのぞいたり

 

 

橋を渡ったりして待ちに待ったお弁当の時間です。

「お外で食べるお弁当美味しい」 「僕今日サンドウィッチだー」などと話しながら

子どもたちは皆美味しそうにお弁当を食べていました。

 

 

お弁当を食べ終え、広場で遊んだらあっという間にもう帰る時間です。

子どもたちは、自分で拾った沢山の宝物を手にもっておうちに帰りました。