先週から3学期も始まりましたが、子どもたちは楽しいお休みを過ごせたようで、

バスや幼稚園で様々な楽しい話を耳にしました。

幼稚園では、先週の金曜日におもちつきを行いました。

前日から年中・年長児はもち米をといで準備を行いました。

 

お天気にも恵まれ、おもちつきも無事行うことが出来ました。

「お父さんがするのとは音が違う!」「これ重たいなあ」と様々な感想を言いながら

年長児は、自分で杵をもっておもちをつく体験をしました。

 

                  

 

年中・年少児は「お兄ちゃん・お姉ちゃんはすごいね」と話しながら、

「よいしょー。よいしょー」と大きな掛け声で応援していました。

 

 

次は、年中・年少児も一緒におもちを丸めます。

つきたてのおもちは温かくやわらかいため、子どもたちは、次々と手を伸ばし

「早く食べたいなあ」「もっと丸めたい」と満喫した様子でした。

美味しいお汁と一緒に、のりを巻いたおもちときなこ餅をお昼にみんなで食べました。

 

自分たちで丸めたおもちは子どもにとっても特別で、

おかわりも沢山してみんな笑顔いっぱいです。