2月3日は子どもたちが楽しみにしていた節分でした。

数日前から、豆まきの歌を歌ったり、鬼のお面の製作をしたりしていた子どもたちは

「あと何回寝たら節分かな?」

「鬼こわいなあ・・・・」などと子ども同士で話しながら楽しみにしている様子でした。

 

 

当日は、各年齢の子どもたちが自分で作ったお面をかぶり、角香箱に豆を入れて豆まきをしました。

 

 

「鬼は外!福は内!」と言いながら鬼役の子に豆をまきます。

豆をまくのも、鬼役になって逃げるのも子どもたちは大喜びです。

 

 

豆まきをして心の中の鬼を追い払ったらお部屋を綺麗にして、

自分の歳の数だけ豆を頂きました。