先週、星グループ(年長)が仙養ヶ原で一泊二日のキャンプをしました。

涼しい山の中の広い草原で、虫探しをしたり、見たことのないキノコや草花を見つけました。 

 

       

 

お散歩中には、馬やヤギなどの動物にも出会えて子どもたちはとてもうれしそうでした。

 

        

お散歩から帰ると、みんなで作ったカレーを食べました。

 

       

 

自然の中で、みんなで食べたカレーはとてもおいしくて、「おかわり!」とおかわりの列ができていました。

夜になると、きれいな夜空の下でキャンプファイヤーをしました。

 

 

歌ったり、踊ったり友達や先生と楽しく遊びました。

ログハウスに戻ると、子どもたちは寝袋の中でぐっすり眠りました。

次の日も、朝ご飯の後、たくさん遊んでからお昼頃幼稚園に帰りました。

 

  

 

「もう一日泊まりたかったな。」といって、みんな仙養ヶ原のキャンプを満喫したようです。

お天気にも恵まれ、全員で楽しいキャンプができたことを神様に感謝します。