24日の月曜日、晴天に恵まれる中、星グループ(年長)で芋ほりに行きました。

お母さん達も子どもたちと一緒に歩いて畑まで行きました。

最初にお芋のつるをみんなで力を合わせて引っ張って取り除き、いよいよ芋ほりの始まりです。

 

      

 

スコップでそろそろ掘ってみるとお芋が出てきました。

子どもたちの顔より大きいのや、赤ちゃんみたいな小さくてかわいらしいのや、形は様々で、子どもたちは次にどんなお芋が出てくるか楽しみにしていました。

子どもたちは、「みてみて!こんなお芋が出てきよ!」とにっこりした顔でみんな大喜び。

園に帰った後は、礼拝堂で収穫感謝礼拝をしました。

たまご・ひよこ・山グループ(満三歳児・年少・年中)が園庭でとったミニリンゴやザクロも
さつまいもと一緒に供えて、みんなで収穫の感謝の礼拝をしました。

 

   

 

感謝礼拝が終わると、とったお芋をふかして、みんなで美味しくいただきました。

美味しい食べ物が毎日食べれる感謝とそれを料理して下さるお家の方々に、感謝の気持ちを改めて感じることのできた一日でした。

 

 

参加していただいたお母さん方ありがとうございました。