11月8日に避難訓練を行いました。

非常ベルが鳴ると、子どもたちは園庭に出て並び、参画センターまで

実際の火事を想定して歩いて避難しました。

幼稚園に帰ってからは、職員全員で消火器を使って消火訓練をしました。

その後、消防署の方のお話を聞いて、消防車を見学させていただきました。

 

      

 

子どもたちは本物のホースを持ってみたり、消防署と連絡する電話を使ってみたりして

みんな消防士になった気分で大喜び。

「これは、何をするものなの?何に使うの?」と子どもたちは、興味津々で質問をしていました。

消防士の方にも、「これはぞうさんの鼻と同じ役割をするんだよ。」

と子どもたちの質問に対して分かりやすく、丁寧にいろんなことを教えて頂きました。

 

     

 

星グループ(年長児)は、消防服も着て写真を撮り、本物の消防士さんになったみたいでした。

 

        

 

子どもたちは、火災の時どうすればよいのか、また消防士のお仕事を詳しく知ることが出来た

貴重な1日になりました。