23日に幼稚園では、避難訓練を行いました。

火事が起きたことを想定して、市民参画センターへ避難しました。

幼稚園へ戻った後は、消防署の方々のお話をお聞きしました。

火事が起こった時は、大人の人に知らせること、「押さない、走らない、静かに、戻らない」ことを「お・は・し・も」で覚えやすく教えて下さいました。

 

       

 

その後は、皆で消防車の見学をしました。

消防車はどうやって水を出すのか、消防車の中には何が入っているのか、など子ども達の質問に一つ一つ丁寧に答えて下さいました。

子ども達も消防車の道具に興味津々な様子。実際に消防で使っているライトや酸素ボンベを目の前で実演すると「わー!すごい!」とみんな目をまじまじとさせていました。

 

  

 

消防車にさようならをした後、年長児は実際に消防服を何人かで着てみました。

大人用で少し大きかったですが、消防士さんの気持ちを味わえたようです。

お世話になりました福山消防署の方々、お忙しい中貴重な体験をありがとうございました。