3学期が始まって1週目に、子どもたちはたこの製作をしました。

年少児、年中児、年長児それぞれ違うものを作りましたが、

年長児は1番大きなたこを作りました。

 

そして先週、年長児は自分のたこをもち、広場へたこあげをしに行きました。

 

             

 

風のある日で、先生に「走らなくても高くたこがあがるよ。」と教えてもらい、

風が吹いているときはゆっくり歩いたり、風が吹かなくなったら走ったりと、

上手にたこをあげていました。

 

高くたこがあがったら、先生や友達と「見て!高いよ!」と話をしたりしていました。

 

年中児、年少児も園庭でたこあげをしました。

子どもたちにとってお正月の良い思い出となりますように。