先週末、年少児、年中児の園内キャンプを行いました。

雨の心配をしていましたが、とてもいい天気に恵まれました。

 

登園するとまず、みんなエプロンを着けて手を綺麗に洗って、カレー作りです。

野菜を洗ったり、皮をむいだりしました。

年少児も、先生や年中児に教えてもらいながら、楽しんでしていました。

カレーは外遊びの後食べました。

「おいしい!」「これはわたしが皮をむいだにんじん!」などと言い、

友達とお話もしながら食べ、あっという間になくなりました。

 

夕方は待ちに待ったキャンプファイヤーです。

クラスごとに歌を歌ったり、おちたおちたをしたり、花火をしたりしました。

おちたおちたでは、上手にリンゴをキャッチしたり、

雷が落ちたときには「おへそとられるよー!」と、おへそをおさえていました。

 

クラスの歌は、

ゆり組は『海の底には青いうち』、

さくら組は『犬のおまわりさん』、

ひまわり組は『ふしぎなポケット』

を歌いました。

 

 

 

暗くなると、年少児は降園し、年中児はシャワーを浴びて寝る準備をしました。

年中児は服を脱いでたたんだり、体をタオルで拭いたり、自分のことは自分でしました。

 

その後、先生や友達と一緒に部屋に布団を敷きました。シーツも自分たちでかけました。

そして、電気を消してお祈りをして、おやすみなさい…。

 

 

寂しくて少し涙が出る子もいましたが、いろいろなことをして疲れたのか、

みんなあっという間に寝ました。

朝起きると、「友達と寝るのって楽しいね。」「よく寝た~。」と言う子もいました。

 

2日目は着替えて朝ご飯を食べ、部屋遊びをして帰りました。

朝ご飯に出たスイカに子どもたちは大喜びでした。

 

この2日間で子どもたちの成長を改めて感じました。

泊まったことは、子どもたちの自信に繋がったと思います。

 

来週末には年長児の園外キャンプを予定しています。

良い天気に恵まれますように…。